イランイランってどういうアロマ?

いい香りのボディミルクで女を磨こう!PEACH JOHN 通販で15%お得に買えます♪イランイランってどういうアロマ?
MENU

イランイランってどんな花?│アロマの香り

イランイラン:Cananga odorata

イランイランの花

イランイランの主な産地はフィリピン、マダガスカルなど。タガログ語(フィリピン)で「花の中の花」という意味です。妖艶で細く美しい花弁が特徴的な、白、紫、ピンク、黄などの色をした美しい花を一年中咲かせます。花言葉は「誘惑」

シャンプーや香水などいろいろな用途に使われている、大勢に好まれる香りです。フィリピンやインドネシアでは初夜のベッドに敷かれるロマンティックな習慣もあるそうです。フランスの香水の歴史にもよく使われてきた代表的な花の香り。有名な香水ではシャネル5番、ヴィヴィアンのノーティアリス、ティファニーなど。
イランイランの精油の主な成分は、酢酸ベンジル・リナロール・ゲラニオール、などが挙げられます。リナロールとゲラニオールには抗不安作用があることで知られています。精神的な緊張による過呼吸や心拍をやさしく抑えることにも使われています。

イランイランがアロマテラピーとして使われている効果としては、中枢神経をリラックスさせ、興奮、陶酔、喜びのカギを握る、気持ちを高揚させ、ノリの良い明るい気持ちへアップする。などがあるそうです。海外では、EDにも治療目的で使われることがあるそう。
官能的な意味でも、気持ちを高めることで、ベッドに敷かれる習慣が出来たのですね。

お得に定期購入できるのは、ピーチジョン公式サイトだけ!

このページの先頭へ